アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
Posted on 2013.8.2
written by Art

今週末から、GALLERY SPEAK FOR で、ドイツのフォトグラファー、アチム・リポット(Achim Lippoth)氏による写真展「Childness」が開催されます。
可愛らしく美しく撮るオブジェではなく、ライフスタイルや世界観、価値の表徴として子どもたちを再発見する優しい視点。それが誰にも真似できないアチム・リポット氏ならではの写真術です。彼のファインダーの中で 子どもたちの表情には、同時代が宿り、近未来の先駆けが降り立っています。幅広いアイディアソースの中から タイムリーで最適なコンセプト設定がほどこされ、まるで映画を撮影し文学を綴るように緻密でデリケートな構想が溢れた格調の高い写真であるのに、決して子どもたちにタスクを押しつけない演出で保たれる、自然で救いのあるムードも見事です。子ども服とは大人服のダウンサイジングではない、という彼の確たる信念は、自分自身がディレクターとして 創刊し、育て上げたドイツ・ケルン発のファッション誌「kid’s wear」でも継続してアピールされています。

人間のピュアネス=クリエイティブの深淵をあらわすものとして子どもと子ども服を捉えるその姿勢には、ブルース・ウェーバーナン・ゴールディンも共感して毎回のように寄稿するなど、「子どもファッション誌の芸術」の地位を確立。同誌の写真は世界各地のアートギャラリーやフェアなどで賞賛され、リポット氏は子どもを キャストした数々の広告撮影を手がけて様々な広告賞にも輝いています。本展は、彼の最新のフォトシリーズから選りすぐって披露するものです。家庭の様々な位相を描いた「Consolation(慰め)」、植物と少女像を融合させた「Phytology(植物学)」など、「kid’s wear」誌で発表された最近の作品の中から自薦の約30点を展示・販売するそうです。また「kid’s wear」の稀少なバックナンバー の他、関連する雑貨類、ステーショナリーなども販売するそうです。

【開催概要】
タイトル : Achim Lippoth Childness
会期 : 2013年8月9日(金)~ 8月28日(水)
開館時間 : 11:00 ~ 19:00 最終日のみ~ 18:00 木曜休廊

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>