弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
Posted on 2013.8.13
written by Art
©Koji Nakazono

中園孔二氏は弱冠23歳ながら、これまで発表してきたペインティング作品の中で、実に様々な表情を見せています。キャンバス上で幅広の絵筆が踊るような豊かな筆触を見せるペインタリーな作品から、この世代のアーティストなら誰もが子供の頃から慣れ親しんだであろう、テレビゲームのピクセルで構成されたような作品、取り憑かれたような、クレヨンの色と線の洪水が観るものに迫ってくる作品。また中園のアトリエに大量に描きためられていた40cmほどの小作品では、軽妙なタッチでお化けのような、無表情でどこかユーモラスな生き物が登場します。中園氏自身は、絵を描く時の動機について、次のように語っています。

誰か人と会った後に何か描けるような気がして、出来上がることがほとんどです。出来上がる表面はばらばらに見えますが、すべて自分の見てみたかった景色です。(中園孔二、2013年)

“見たかった景色”を表出させるために、キャンバスの大きさや表現を自由に変えられる中園の軽やかさは、絵具やクレヨンといった素材と、絵画というものに対する、ほとんど盲目的とさえいえる信頼と愛好、そして冒険心に支えられているように思えます。個々にも絵的に美しい部分は、中園氏のペインターとしての高揚感に満ち、それを集めるように組み立てられた作品からは、豊かな景色が立ち現れます。

【展覧会概要】
2013年8月3日(土) – 8月31日(土)
小山登美夫ギャラリー東京 7F
オープニングレセプション 8月3日(土) 6:00 – 8:00pm
*[アーティスト・トーク] ギャラリー内 :8月3日(土) 6:00pm -(ご予約不要)
夏期休廊:8月11日(日)― 8月19日(月)

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>