竹馬紀美子 “Art Hair”展
Posted on 2013.8.14
written by Art

躍り上がるようなヘアスタイルの女性、お菓子の国に迷い込んだような仮想空間。それらをパステル調を効かせた油彩で描き出しているのが、竹馬紀美子氏です。絵のモチーフ、モデルたちは彼女という鏡に映し出されると、その内奥をあらわにするだけでなく、フォルムのあり得る可能性まで引き出され、感性のおもむくまま飛翔する自由を与えられます。ルイス・キャロルのストーリーを思わせる、虚実入れかわる世界観ですが、現代的なディテール演出を通じて若い女性たちのライフスタイルやリアリティをフォロー。髪の一本ずつまでを丁寧に追う緻密な画力で具現化されるファンタジーは実質感があり、優美でたおやかな魅力を見るものの心の奥にずっしりと据えてくれるようです。

キャリアの初期に抽象画を手がけてきた彼女は、2011年以降、これら具象画の新しいシリーズを展開してきました。福岡をベースとしつつ、東京でも積極的に新作をリリース。様々なグループ展や公募展への出展を通して好評を得つつあります。公募展「タグボートアワード」でも注目を集めるなど、ステップごとに成長を見せている期待の新鋭です。

【開催概要】
タイトル : 竹馬紀美子 Art Hair
会期 : 2013年8月30日(金)~ 9月11日(水) 開館時間 : 11:00~19:00 最終日のみ~18:00 木曜休廊
ギャラリートーク : 2013 年 8 月 30 日(金)18:30 ~ 19:00 作品解説=竹馬紀美子 聞き手=未定
竹馬紀美子(ちくまきみこ) アーティスト
1976年、福岡県生まれ。九州産業大学大学院芸術研究科を卒業後、本格的に創作活動を開始。福岡市を拠点に新作を発表しつつ、各地のグループ展や公募展などにも精力的に参加している。2013年2月に個展「Re:born」(福岡・Galerie RECOLTE)を 開催した。その他、上野の森美術館大賞展(2011年)、ACTアート大賞展(2012年)、シェル美術賞展(2012年)などに出展。 第8回タグボートアワード入選。田川市美術館、九州産業大学ほかで作品収蔵。

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>