「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
Posted on 2013.8.28
written by Art

倉俣史朗《ミス ブランチ》/1988 年/埼玉県立近代美術館蔵

柔らかにカーブを描く引き出しの家具。虚実のあわいに漂うような透明な硝子の椅子。倉俣史朗氏(1934-1991)の世界を前にすると、デザインに対する私たちの考え方は解放され、夢のような境地に誘われます。
倉俣氏は、インテリア・デザイン、家具デザインにおいて傑出した仕事を残しました。 60年代半ばから、いち早く商業空間に斬新な発想でデザインを施し、美術家とも協働して店舗の内装を手掛けます。また、デザインを根本から問い、人間とものとの詩的な出会いをもたらすさまざまな家具を制作しました。その活動は世界からも注目され、81年にはミラノのデザイン集団「メンフィス」に参加します。この頃を境に倉俣氏の表現は変化し、70年代までのコンセプトを重視した手法を発展させながらも、創造の喜びに満ちた作風があらわれるようになります。こうして、赤い薔薇が浮かぶ透明なアクリルの椅子《ミス ブランチ》 などの名作が生み出されていきます。そこには、倉俣氏が追い求めた重力を打ち消す軽やかさ、すなわち自由を象徴する浮遊感覚が見事に結実しています。
「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」では「浮遊するデザイン」をキーワードに、倉俣氏の代表的な作品を展示し、ブティックの内装の仕事なども紹介します。また、若き日の倉俣氏が影響を受けたもの、更には親交のあった美術家やデザイナーの作品もあわせて展示します。倉俣氏のデザインが、時代を超えて愛される理由を探る絶好の機会となっておりますので、ぜひ足を運んでみてください。

【開催概要】
会期 2013年9月1日まで
開館時間 10:00~17:30  (入場は閉館の30分前まで)
観覧料 一般1100円(880円) 、大高生880円(710円)
※ ( )内は20名以上の団体料金。
※ 併せてMOMASコレクション(1F 常設展示室)もご覧いただけます。
主催 埼玉県立近代美術館

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>