デニス・ホリングスワース 展
Posted on 2013.12.7
written by Art

デニス・ホリングスワースは1956年スペイン、マドリッド生まれ。現在はスペインのトサ・デ・マルと、ニューヨークにて制作活動を行っています。

ホリングスワースの作品を観ていると、あたかも作家の制作の現場を目撃しているかのような錯覚に陥ります。生き生きとした筆の運び、厚く塗られた絵の具とそれを削った跡、影。筆だけでなく厚紙で自作した道具なども用いて生まれる多様なテクスチュアは、作家自身の好奇心、制作の喜びを物語っているようです。乾いていない画面に絵筆を入れる、“wet on wet”と彼が呼ぶ手法を用いるなど、『理論が全面に出たアート』ではなく、『「ボディ」というものをアートに取り戻したい』というホリングスワースの挑戦、そこから紡がれる濃密なペインティングの世界をご堪能ください。

なお、ホリングスワースは1999年、クンストハーレ・バーゼルで行われたグループ展「Nach-Bild」にリチャード・ハミルトン、ローラ・オーウェンス等と出展した他、ドイツ、オランダ、フランス、スペイン、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、世界各地で展覧会を開催しています。

さらに詳しいアーティスト情報はリンクをご覧下さい。

【開催概要】
名 称  デニス・ホリングスワース 展
会 期 2013年12月 4日(水) – 2013年12月16日(月)
時 間 11:00 – 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>