川島秀明展「come out」
Posted on 2014.2.17
written by Art

2003年に小山登美夫ギャラリーでの初個展を行なって以来、川島秀明は抽象化された人物像を描いてきました。無地の背景に顔だけが空中にふわりと浮かぶようにあり、妖気をあらわすかのような長くたなびく髪は、人間というより、その魂のようなものを想像させます。作家はここに自分を投影してきました。
しかし2010年頃から、どこまでも内省的に自己を見つめた果ての、肥大化しすぎた自意識を、一度ニュートラルに戻したいと、その目は他者へと向けられはじめます。作品の人物には身体があり、それぞれ異なる髪型や服装が描かれて、モデルを想像させる具体的な個性を放つようになります。
そして初個展から10年ほどたった今、川島秀明の作品はまた変わりつつあります。
彼は1995年から2年間、比叡山延暦寺で天台宗の修行を経験しました。そのときに出会った「一隅を照らす」という最澄の言葉を、最近よく思い返すといいます。「各々の持ち場で最善を尽くしなさい」という意のこの言葉は、作家にある種の自由と、気概を与えたかもしれません。人物は固有の色から解かれ、形は自由にデフォルメされて、より「絵をつくる」ことが実践されています。
本展覧会のタイトルは「come out」。小山登美夫ギャラリーでは2008年以来となる個展に、作家は新たな気持ちで作品の制作に臨みます。

© 2014 tomiokoyamagallery

【展覧会情報】
川島秀明展「come out」
Hideaki Kawashima “come out”
会 期 2014年2月19日(水) – 2014年3月17日(月)
時 間 11:00 – 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free
オープニングレセプション:2月19日(水)18:00 ー 20:00
アーティストトーク 川島秀明 × 小山登美夫:2月19日(水)18:30 ー
 
Opening reception: February 19 (Wed.) 18:00 ー 20:00
Gallery talk by Hideaki Kawashima and Tomio Koyama: February 19 (Wed.) 18:30 ー

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>