ライアン・ガンダーの個展
Posted on 2014.3.1
written by Art

Ryan Gander, Prototype for ‘Anyone with a family is motivated by money”, 2013
(c)Ryan Gander Courtesy the artist, TARO NASU

 

3-4月のTARO NASUは、新世代のコンセプチュアル・アーティストとして世界的に注目されているライアン・ガンダーの個展を開催いたします。

ライアン・ガンダー|Ryan Gander
1976年イギリス、チェスター生まれ。現在はロンドン、サフォークにて制作活動。
「第54回ヴェネチアビエンナーレ」、「ドクメンタ(13)」、「第9回上海ビエンナーレ」などの世界的に有名な国際展に多数参加。「ドクメンタ(13)」では、メイン会場の一つであったフリデチアヌム美術館一階のメイン展示室にて、何も展示されていない 展示室のなかを吹き抜ける「風」 を作品としたインスタレーションを発表し、大きな話題となりました。また、2014年から2015年にかけて、東京ステーションギャラリーを皮切りに4都市で開催される巡回展「プライベート・ユートピア ここだけの場所」にもガンダーの作品が出展されています。

TARO NASUでは5回目となる今回の個展。本展覧会では、立体、映像、平面作品を含めた新作17点を展示いたします。

ライアン・ガンダーは私たちが日常生活の中で使用している素材や、見過ごされている物事を使って作品を制作します。ユーモラスな発想で日常を捉え直すガンダーの作品は、私たちが没入している日常に異質なものを招き入れることで、作品自体の中に、そして作品と鑑賞者の間に「距離」や「ずれ」を生じさせます。そうした「距離」や「ずれ」の中で鑑賞者は、作品を「見る」ことから「読む」ことへと変化させられます。一見何の変哲もない素材によって作られた作品群は、「読まれる」ことで鑑賞者(解読者)を自由な解釈や想像へと誘うことでしょう。

© 2014 TARO NASU

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>