柳宗理のキッチンアイテム
Posted on 2014.3.24
written by Design.Product

4月からの新生活に、柳宗理のキッチンアイテムはいかが?

「デザインによって造るのではなく、造ることによってデザインが生まれる」という考えのもと、柳宗理のデザインは、実物大モデルをつくり、模型の試用を重ねることで生み出されます。使い勝手を重視した調理器具は指にもキッチンにもフィットして、使う人に心地よさをもたらします。

©1999-2013 D&DEPARTMENT INC

柳 宗理(やなぎ そうり)
1915年、東京生まれ。東京都美術学校(現・東京芸術大学)油絵科を卒業。坂倉準三事務所を経て、1952年柳デザイン研究会を設立。東京オリンピックでは聖火リレーのトーチ・ホルダーや競技場の座席をデザインする。家具やテーブルウエアから自動車、橋まで、そのデザインは多岐にわたる。

Designの記事一覧
14-02-19  ポップでかわいいサーモマグはいかが?
14-02-22  Tsuyoshi Araki dot to line
14-03-18  ソリマチアキラ氏デザインのARUE・M
14-03-24  柳宗理のキッチンアイテム
14-04-11  文化誌が街の意識を変える展
14-05-25  森正洋の言葉と器

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>