秋吉風人| Futo Akiyoshi no secrets
Posted on 2014.3.31
written by Art
naked relations
2013, oil on acrylic board
55.0 x 42.0 cm
(c) Futo Akiyoshi Courtesy of taimatz /TARO NASU

3月15日(土)から、 秋吉風人の個展“no secrets”を画廊taimatz(タイマツ) にて開催中です。本展では、新作ペインティング6点を展示予定です。

秋吉風人 (あきよし ふうと)
1977 年大阪府生まれ。名古屋芸術大学洋画科を 2001 年に卒業。2003 年に同大学の大学院を修了。 2011 年より財団法人吉野石膏美術振興財団在外研修助成、文化庁新進芸術家海外研修制度の助成を得て、現在はベ ルリンを拠点に活動。 近年の主な展覧会に、2013 年「A FAITHFUL ANTINOMY」Longhouse Projects/ニューヨーク、2012 年「THE ECHO」 Kunstraum Kreuzberg, Bethanien/ベルリン、2011 年「こんなにも贅沢な沈黙」TARO NASU/東京、2010 年「あいちトリエン ナーレ 2010」愛知県美術館/名古屋、2010 年「絵画の庭」国立国際美術館/大阪、2009 年「greedy life in the room that bores me」Office Baroque Gallery/アントワープ、など。 また 2014 年は「VOCA 展 2014」上野の森美術館/東京へ参加。

秋吉風人は一貫して絵画とは何かという古典的命題をテーマに、「絵画」という概念の解体と再構築の試みを続けて来た。 表現方法として、絵画、彫刻、映像、写真など多様なメディアを用いながらも、その背景には常に絵画に対する問題提起と、 描くという行為への執着が存在している。

* * * * *

還元主義という矩形のフォーマットからの不純な構成要素の排除は、その反視覚的かつ非物質的な作用ゆえに、絵画を欺いている。当然のことながらそのプログラムの発動においては、究極的には絵画は透明なものとして、つまり観者にとっては知覚されえぬ媒体へと近づくという隘路に陥っている。それは過去の歴史を省みるまでもなく、やがて画布や木枠といった物質的に規定していた媒材を明るみに出し、自己言及的な身振りは外部をこそあらわにしてきた。透明度の高い油絵具のみを用いて、アクリル版に描かれた秋吉風人の連作「naked relations」は、「透明な絵画」を欲したその純粋な動機に相反するように、絵画史に繋留してしまうという捻れを生じさせている。
抑制された筆致がもたらす美的かつエフェメラルな視覚効果は、作品がもつ特徴の一端にすぎない。むしろそこでは、作品の構成要素が透けてみえることによって、表層のミニマルな形態と限定された色彩すべてが表も裏もなく折り重なり合い、さらに支持体を透過した壁面さえもが、光学的な複雑さを伴って一挙に受容されてしまう。とはいえ、透明性の希求がもたらしたその関係の猥雑さは、決して矛盾するものではない。なぜならば、身体を介したフェティッシュな=不純な筆致のうちに、純粋な絵画への練成を賭していく行為こそ、秋吉自らが常に課す画家の使命であるからだ。私たちは、その過剰ともいえる感覚の全的な乱反射を絵画として、生産−制作の残余である物質の瞬きに対峙することとなる。

テキスト:森啓輔(ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)
VOCA展2014 カタログより転載

【開催概要】
秋吉風人| Futo Akiyoshi
no secrets
2014年3月15日(土) – 2014年4月5日(土)
Gallery Hours: 11:00-19:00 Tuesday –Saturday
Closed on Sunday, Monday and Public holidays

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>