石川真衣「RETRIEVE」展
Posted on 2014.4.6
written by Art

「ある日、牡丹は聡明で美しい犬と出会い、一生で一度の恋をした」。版画の手法を最大限に駆使して石川真衣氏が一貫して描いているのは、自分という主人公(=牡丹ちゃん)と愛犬レオを題材にした、運命と魂の所在をめぐる抒情詩です。墨と白をベースにしながら、絵本の挿絵や大判アートポスターのような構成が主体。そのボリューミーな濃淡グラデーションと驚くほど細かい描き込みは、フェミニンな感受性と手つきによる版画カテゴリーへの挑戦的なまでの情熱が込められ、60~70年代の劇画マンガやアングラ演劇が題材としていた精神的な暗がりを、それらが払拭されたかに見える2010年代の光景にも地続きになっているものとして、ありありと浮き立たせる力があります。

彼女が幼い頃から綴り、描きためてきたというレオの鎮魂と救済のストーリーはますます広がりを見せており、色彩を取り入れた話法もじょじょに進化中。描画スケールの大きさ、刷り感の美しさは近年、各所の版画や絵画コンクールで高く評価されています。


“レオへ 3(2013)”

それらの作品群をこのたび初めて、GALLERY SPEAK FORの空間で披露することになりました。白黒リトグラフの大型代表作の他、最近多く描いているシルクスクリーンを使ったカラーの小作品をまじえ、彼女の世界観を一望できる機会となります。RETRIEVEとは「取り戻す」「回収する」の意。ゴールデンレトリバーとの生活と切り離せない絵の内容、過去を取り戻し今の自分を回収する思いから手がけている制作姿勢をタイトルとして引いています。大小約30点の作品を展示・販売する他、立体作品「牡丹ちゃんフィギュア」やオーナメント作品、iPhoneケースやTシャツなどの関連商品も販売いたします。

【開催概要】
石川真衣 『RETRIEVE』展
2014年4月11日(金)- 23日(水)11:00-19:00 毎週木曜休

【ギャラリートーク開催】
2014年4月11日(金)18:30~19:00 入場無料
作品解説=石川真衣 聞き手=石黒謙吾(著述家・編集者)

※展示作品は全て販売いたします。
※会場の都合により祝花などは固くお断りいたします。
※最終日のみ18時までとなりますのでご注意ください。

♣ 祝花をお考えの方へ
GALLERY SPEAK FORでは施設の都合上、祝花の類いを一切お断りしております。また、作品購入こそ創作活動への最良の支援になるという観点から、祝花や差し入れに代えて、作品のご購入をお勧めしています。1万円以内で買える作品やオリジナルアイテムもたくさんございますので、ぜひご購入を通じてアーティストへ祝意と励ましをいただきますようお願いいたします。領収書はその場で発行できます。また、購入票によってご芳名とご厚意はアーティストへきちんとお知らせいたします。

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>