文化誌が街の意識を変える展
Posted on 2014.4.11
written by Art.Design.Event.Product

文化誌が街の意識を変える展

今、日本じゅうに「地元文化を再確認する冊子」が増えています。それらは広く日本じゅうに発信されたり、地元の個性、魅力の再発見にと発刊されています。また、編集やデザインなどのクオリティにこだわることで、土地のイメージを見直すきっかけともなり、ますますこれからの日本における「日本再発見」への意識を継続的にしていく創意と位置づけ、d47 MUSEUMでは、そうした冊子を「文化誌」と名付け、47の日本から集めてみました。地元人に向けられた「タウン誌」と呼ばれる情報誌に同居するスタイルから、写真も含めクオリティの高い読み物としての文化誌までを俯瞰し、今の日本がどういう地元意識を持っているかを感じて頂ければと思います。
PR新時代とも呼ばれる今、代表的文化誌の編集長によるシンポジウムと合わせ、地域発信の現状からこれからの魅力発信の創意を探る機会となればと思います。

D&DEPARTMENT PROJECT
d47 MUSEUM
ナガオカケンメイ・黒江美穂

©1999-2009 D&DEPARTMENT INC.

【開催概要】
文化誌が街の意識を変える展

日時
2014年3月27日(木)~6月15日(日)
11:00〜20:00(入場は19:30まで)

場所
d47 MUSEUM(地図を見る)

入場料
500円 

主催:D&DEPARTMENT PROJECT
お問い合わせ:03-6427-2301(d47 MUSEUM)

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>