木村朗子 i – croatian blue -
Posted on 2014.4.21
written by Art

バルカン半島南側に位置し、長い海岸線でアドリア海に面している国クロアチアには、その海や空の透明度の高い印象的な藍色をたたえる「クロアチアンブルー」という言葉があります。写真撮影のために世界各地を訪れている木村朗子氏は、その言葉を知った時、クロアチアに深く魅了され始めました。

2001年以来、アイスランドやニュージーランドなどで彼女がシャッターに指を置きつつ一貫して見つめてきたのは、写真を撮る「私」とそれを包み込む大自然とのフラクタルな連続性。美しくも厳しい地球の自然と生命サイクルが、ファインダーから自分の命にまで吹き込んでくるのを感じる時、彼女は撮影することが祈りに通じる行為だという確信にたどり着いたといいます。それらの成果は「i」シリーズという成果となり、縁あってたどり着いたクロアチアでさらに新鮮な視座を得て進化を遂げたのです。

本展は、そのクロアチアでの「i」シリーズを、木村氏の3年ぶりの個展として初めて披露するものです。クロアチアの海や樹木などの藍色に誘われるまま、撮りためた写真群は、染め重ねる回数によってグラデーションを帯びる藍染のように「ジャパンブルー」と連続的につながっているのではないか、と彼女に想起させ、日本で撮った作品と融合させ展示する構想となりました。約30点の大小プリント作品を展示・販売いたします。また、初めて自主制作した作品集の他、クロアチアの木製おもちゃやオーナメントなど、珍しい雑貨類も紹介・販売いたします。

© GALLERY SPEAK FOR All Rights Reserved

【ギャラリートーク開催】
2014年4月25日(金)18:30~19:00 入場無料
作品解説=木村朗子 聞き手=桑原茂一(選曲家、「クラブキング」代表)

【開催概要】
2014年4月25日(金)- 5月7日(水)11:00-19:00 毎週木曜休
GALLERY SPEAK FOR

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>