Lee Kangwook “Invisible Space”
Posted on 2014.4.24
written by Art

東京画廊+BTAPでは、韓国人アーティスト、イ・ガンウクによる個展『Invisible Space』を開催中です。

イ・ガンウクは1976年に生まれ、2003年に弘益大学油画科修士課程修了後、韓国内外のギャラリーで意欲的に展覧会を行ってきました。2013年にチェルシー・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインを卒業し、現在はロンドンを拠点に制作しています。

イ・ガンウクの作品は、鉛筆、アクリル、ビーズ、グアッシュなどを用い、複数の層によって構成されています。白い平面には小さな点と線が錯綜し、あたかも宇宙空間か細胞組織のような光景を作り上げます。直接見ることの出来ない巨大な空間や、微細な空間の光景が、イ・ガンウクの暗示的な手法によって現れます。

本展では、大判の作品を含む近作約15点を発表致します。それらの作品においてイ・ガンウクは、顕微鏡を通して見る世界や、宇宙空間のイメージ、更にはインドの古代哲学までを参照し、包括的な世界観として画面上に展開します。
会期は今週末までとなっておりますが、皆様、ぜひ足を運んでみて下さい。

【開催概要】
Lee Kangwook “Invisible Space”
イ・ガンウク「Invisible space」
会期:2014年4月5日(土)– 4月26日(土)
会場:東京画廊+BTAP

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>