福井篤展「Paintings & Drawings」
Posted on 2014.5.10
written by Art

物語の予感

本展覧会では、福井篤が挿絵を、長屋和哉が文章を手がけ、2014年春に刊行される『ナヘルの鐘』を記念して、本書の中で使われた福井篤の作品の原画となるドローイングと最新作のペインティングを展示いたします。
ミュージシャンのデヴィッド・シルヴィアンなどともコラボレーションを行い、作品を描いてきた福井篤の作品は、物語性豊かで幻想的です。少女や冬の森の中のようなイメージは、絵本のページをめくっているようで、観る者のさまざまな想像を掻き立てますが、しかし彼の創り出す理想郷的な景色は、どこか近寄りがたく、冷ややかな清々しさをたたえてもいます。繊細な世界観をぜひ展覧会でご覧下さい。
福井篤は1966年、愛知県生まれ。1989年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業。現在は山梨県の八ヶ岳にスタジオをかまえて、制作活動を行っています。作品は「六本木クロッシング」(2004年、森美術館)をはじめ、アメリカ、ドイツ、ノルウェー、シンガポールなど各国の展覧会で発表されています。

さらに詳しいアーティスト情報はリンクをご覧下さい。

【企画概要】
福井篤展「Paintings & Drawings」
Atsushi Fukui “Paintings & Drawings”
会 期 2014年4月30日(水) – 2014年5月27日(火)
時 間 11:00 – 20:00
場 所 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
料 金 入場無料 Admission Free
オープニングレセプション:4月30日(水)18:00 ー 20:00
アーティストトーク:4月30日(水)18:30 ー
Opening reception: April 30 (Wed.) 18:00 ー 20:00
Gallery talk: April 30 (Wed.) 18:30 ー

『ナヘルの鐘』刊行記念トーク&ライブ
日時:5 月11 日(日)15:00 — 16:30
場所:渋谷ヒカリエ8 階 COURT
出演:長屋和哉、福井篤、浅野達彦
『ナヘルの鐘』の文、絵、音楽を手がけた3人が、トークと演奏で物語の世界へと誘います。

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>