小笠原 徹 101匹のねこ
Posted on 2014.5.17
written by Art

緊張感とユルさの絶妙なバランスを統率しながら展開されるのが、小笠原徹氏のイラストレーションです。現代美術を思わせる繊細な線画から、クレヨンを無造作に操ったかのような未完の味に近いものまで、描画スタイルはボーダーレス。アクリル絵具、水彩、コラージュなど様々な手法が自在に織り交ぜられ、独学で切り拓いた流儀だからこそ持ち得るブレイクスルー感覚をもって、玄人と素人を問わずに幅広く共鳴を獲得してきました。空間構成や筆致と痕跡のライブ感が、彼にしか発せられない身体性や肌触りといった固有の魅力をスリリングに放ち、見るもののイマジネーションを揺さぶります。

著名な公募展「HBギャラリーファイルコンペ」では、大賞を2度受賞。また、ミュージシャンやアートディレクターとのコラボレーションも数多く手がけており、最近では雑誌「POPEYE」「Hanako」「SPUR」などの誌面でも注目を集めるようになりました。

本展は、小笠原氏にとってGALLERY SPEAK FORでの3年ぶりとなる個展です。アーカイブ中心の内容だった前回、また線画をメインにした2年前の個展とは全く違い、ほぼ描きおろしの新作ペイント作品だけで構成されます。「魔法の世界の住人っぽく、不思議な雰囲気が好き」と、彼がモチーフに多く登場させる「ねこ」がタイトルにつけられました。原色づかいを基本にした、野趣溢れるタッチと配色の面白さが小笠原氏の最新形をありありと伝えてくれるでしょう。大小の原画約40点を展示・販売するほか、TシャツやZINEなどオリジナルグッズ、関連商品も販売いたします。

【開催概要】
2014年5月23日(金)- 6月4日(水)11:00-19:00 毎週木曜休

【ギャラリートーク開催】
2014年5月24日(土)16:30~17:00 入場無料
作品解説=小笠原 徹 聞き手=カズモトトモミ(イラストレーター)

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>