エンジョイゾウノハナ2014
Posted on 2014.5.19
written by Art.Event

photo:怡土鉄夫

開館5周年記念 象の鼻パークに本物の象さんがやってくる!!
象さんと一緒に写真を撮りたい団体を募集します。

例年「象の鼻の遊び方」をテーマに開催している「エンジョイ!ゾウノハナ」。 今年は象の鼻テラスの開館5周年を記念し、象の鼻パークで本物の象さんに出会う、特別な横浜開港記念日を演出します。

市原ぞうの国の協力により、同園の人気者「ランディ」を象の鼻パークに招待。 ランディがカメラマン役となり、一日限定で開館する集合写真専門特設写真館「象の鼻写真館」を開館。 抽選で選ばれた各種団体と集合写真を撮影します。 ランディと共に開館5周年を記念するアートプログラムを展開するのはアーティストユニット Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)です。

また展覧会に合わせ、いじめの防止に取り組む「プロジェクト Y 2014-15〝勇気を出して相談しよう!〟」と連携し、 市原ぞうの国の子象「ゆめ花」が描いた絵や文字を展示する世界初のゾウによる個展を開催するほか、 象の鼻テラスの5年間の歩みを振り返る「象からみる象の鼻展」を展開しています。

【実施概要】
エレファント・シャッター・チャンス ~はい、チーズ!一日限りの写真館~
アーティスト:Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)

一日限りの写真館「象の鼻写真館」を演出するのは、あいちトリエンナーレに出展するなど注目のアーティストユニット Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)です。 象と市民のふれ合うようすを映象作品に残し、記憶に残る一日として演出します。

ランディとともに記念撮影できるのは限定6組の団体です。 例えば、小学校の1クラス、新入社員、御親類一同、ご近所のみなさん、I♡象の方々、 フラダンスサークル・カラオケグループなど各種サークル等など、団体であればどなたでもご応募頂けます。

撮影された写真はプリントし、その場で参加者に贈呈するほか、6月14日(土)~6月29日(日)象の鼻テラスにて一般公開します。

【開催概要】
開催日時:2014年6月2日(月・横浜開港記念日)12:30~16:00(予定)
会場:象の鼻パーク
アーティスト:Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
カメラマン役:ランディ(市原ぞうの国)
協力:市原ぞうの国、プロジェクトY2014-15〝勇気を出して相談しよう!〟実行委員会
企画:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
※特定動物を扱うのは、許可を得ている市原ぞうの国です。

Artの記事一覧
13-07-03  天才芸術家、池田満寿夫の未発表原画展
13-07-09  Peeping Life × 手塚プロのゆる〜いコラボ
13-07-16  放送作家・小山薫堂と現代美術家・山本太郎のコラボ
13-07-23  白根ゆたんぽ “YUROOM GIRLS SHOW”
13-07-26  米田知子の写真展 “暗なきところで逢えれば”
13-08-02  アチム・リポット “C h i l d n e s s”展
13-08-06  現実と空想の不思議な融合 “Reality & Fantasy展”
13-08-09  うつくしきひかりの器「Luminescence…」展
13-08-12  5人のイギリスのアーティストによる展覧会
13-08-13  弱冠23歳の次世代アーティスト”中園孔二展”
13-08-14  竹馬紀美子 “Art Hair”展
13-08-20  横尾忠則どうぶつ図鑑
13-08-23  <遊ぶ>シュルレアリスム展
13-08-25  レイ・リケット バッグ展
13-08-28  「浮遊するデザイン ー 倉俣史朗とともに」
13-08-29  エドワード・マイブリッジの『動物の運動』
13-09-03  学生イラストレーター 6名によるグループ展 『穴展』
13-09-06  PARTY そこにいない。展
13-09-09  ソフィー エ ショコラ french girls school
13-09-11  アートを「買うこと」を考える”アートがあればⅡ”

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>